2013年06月10日

私の原点

2013060821300000.jpg約15年前、舞台芸術学院を卒業しました。
今は、科も名前が違うみたいですが、私の代は、演劇科の49期でした。

8日(土)に、在学中に二年間演技の指導をしていただきました、大内三朗先生が演出されている舞台を観てきました!
企画集団「SHIMIN劇場」U『わらべうた』
ここ数年で舞芸を卒業した若手の役者さんも何人か出演していました。
脚本も面白かった!

大内先生は、舞芸(舞台芸術学院の略)卒業後もずっと、芝居のご案内をすると、観に来てくださっていました。
そして、帰り際に一言、的確なご意見を下さってお帰りになります。

舞芸を卒業してから、大衆演劇やら、大劇場やら、小劇場、シリアスから、エンターテイメントまで、いろいろやらせてもらってきましたが、大内先生のおっしゃっていたことが、だんだん身にしみてわかってきて、
そして、今、「あ、私、こういうふうに芝居やりたいんだ」って、すとんと納得しました。
原点にかえる!

先生にも、「機会があったら一緒にやろう!機会を作ろう!」なんて言ってもらって。
「是非、何を置いてもやりたいです!」
なんて即答しちゃいました。

だから、田口!
台本書いてくれ!

あ、「日本さんち(ひのもとさんち)」の台本を書いてくれた、あやめ役のひとです。
舞芸の49期生です。

けんと!
井上憲人くん!
がっつり一緒にやってみたいです。
やっぱり舞芸の49期生(笑)

京ちゃん!
舞台監督やって欲しい!
「日本さんち」の舞監は彼女です。
舞芸49期はもちろん、私の元同居人です。

小規模でいい。
自分が、真剣に、夢中になって芝居がやりたい。

うちの旦那さま。
これをやらずして死ねないから、やらせてねm(__)m

と、誰一人にも直接言ってないのにここに書くという・・・。


あ、旦那さまには、報告しました!
posted by ほぼ at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。